cart
研究体制

ブラジル

プロポリス研究の世界的第一人者
ブラジル州立カンピーナス大学 食品科学部生化学教室 教授
Y.K.Park
ミネソタ大学大学院で生化学を専攻した後、ブラジル・サンパウロ州立カンピーナス大学食品科学部生化学教授に就任。 天然産物や薬草などの生物学的有効成分を研究し、特にプロポリスの生理活性に重点をおいて研究活動をしている。
ブラジルの放射線研究の権威
サンパウロ大学 原子力研究所 教授
カヨ・オカザキ
物理学教授として数多くのブラジル国内外の学会で発表。 同大学原子力研究所で「生物に与える放射線の影響」の研究者として活躍中。

日本

厚生省の研究も手掛けるウイルス学の権威
九州保健福祉大学 薬学部 教授
黒川 昌彦
元富山大学ウイルス学助教授。ウイルス増殖機序の解析とともにウイルス感染に対する生体防御機構の解析を行っている。 また、抗ウイルス薬の開発やウイルスベクターを用いた遺伝子治療のための基礎的研究を行っている。
世界の薬用植物を熟知する研究者
日本大学 薬学部 名誉教授
安川 憲
日本薬学会、日本予防医学会、日本補完代替医学会などに所属。 薬用植物学の権威。天然物によるガン予防の研究が専門。
遺伝子の専門家
城西国際大学 薬学部 医療薬学科 教授
懸川 友人
千葉大学薬学部卒業、創傷治癒における遺伝子の発現調整の研究をテーマとする遺伝子の専門家。AF-08系プロポリスがヒトの遺伝子にどう作用しているかを研究している。 サプリメント医療薬学研究会会長。
口腔内とAF-08系プロポリスの関係を研究
日本大学 松戸歯学部 生態環境学 元教授
石川 稔矩
ブラジルの養蜂家を回り、ミツバチと植物の関係、人への影響についてを研究。日本、ブラジルの共同研究を支える、プロポリスのエキスパートとして活躍。
生薬学、漢方医学、天然物科学、微生物化学全般
日本大学 薬学部 薬学科 教授
松﨑 桂一
生薬学、漢方医学、天然物化学、微生物化学、 生薬学から微生物の二次代謝産物と天然物化学を全般を専門とする。 北里研究所、ミシシッピ大学を経て、現職。 日本薬史学会 常任理事、日本生薬学会 関東支部長などを兼務。
放射線治療の研究者として世界中で活躍
純真学園大学大学院 保健衛生学研究科 教授
具 然和
大学にて教鞭をとる傍ら放射線によるガン治療研究に力を注ぐ。 日本はもとより、韓国・ロシアでの専門学会・協会に所属している健康科学博士であり、漢医師。

TOP